2020.07.02ハウツー

「with コロナ」時代にキャンピングカーをレンタルして「新しい旅様式」を!

新型コロナウィルスの感染拡大による緊急事態宣言も段階的に解除され、感染者も減少傾向にあるが、第二波に備え厚⽣労働省が感染拡⼤防⽌のために公表した「新しい⽣活様式」により私たちのライフスタイルは大きく変化。

今では都道府県をまたぐ移動も可能になり旅行にだって出かけることが可能になったが、誰もが当たり前のようにマスクを着用し、どこの店に入っても消毒液が置いてあり、人との距離を求められるのに加え、ホテルなどの宿泊施設は不特定多数の客が出入りしているという点でやはり不安になってしまうのではないだろうか。
そんな「新しい⽣活様式」を求められる時代にレンタルキャンピングカーを利用した「新しい旅様式」をご提案。

 

 

「動く家」とも言われるキャンピングカー

新型コロナウィルスの感染拡大により毎年、家族旅行を予定していたが「今年は・・・」とあきらめた方も多いはず。


そんなコロナ禍でも3密を避けプライベート空間を維持し、外出と宿泊をセットで行うことが出来るのが「動く家」とも言われる「キャンピングカー」だ。


何となくキャンピングカーの存在は知ってはいたが、「車体が大きくて運転が難しい」「金額が高そう」などネガティブなイメージが多かったはず。


確かにキャンピングカーを購入しようとすると新車価格500~1000万円程度(車種により大きく変動)とセカンドカーとして購入するには敷居が高く、その大きさから通常より広い駐車場が必要になる為、自己所有するにはハードルが高い。


だが「レンタルキャンピングカー」となるとネガティブ要素から一気に消える。

弊社のレンタル料は一般的なワンボックス程度の料金で借りる事が出来、24時間いつでも借りる事が出来るので、旅の自由度が広がる。


 


キャンプより手軽に準備も簡単

家族で火おこし

「3密」を避けられる場所ということでキャンプ場が大人気だが、キャンプをしようとすると簡単な用品を揃えるだけでも、それなりの費用が掛かるうえ天候や気温によっては当日に中止になることも。


だけど、キャンピングカーならクルマを停められる場所さえあえば、どこでもそこがキャンプ場になる。また大雨が降っていても車内で快適に過ごすことができるので天候の心配をする必要がない。


 


それでは実際に弊社でキャンピングカーを借りて旅に出かけたらいくら必要なのか?

今回は家族で、土日を利用しキャンピングカーでオートキャンプ場に行った際の料金を計算。

またキャンピングカーで旅に行く際に必要な必需品も一緒にご紹介!


 


【設定】


・大人2人、子供2人


・土曜日の朝に出発し日曜日の夕方には帰宅


・出発当日は自家用車で弊社キャンピンステーション(川口市)まで車で移動し、キャンピングカーに乗り換える


・目的地は鬼怒川オートキャンプ場(トイレ、温泉、AC電源あり)


・夕食はキャンプ場でバーベキュー


 


キャンピングカーでオートキャンプ場に行った際の料金(概算)

 


■車両レンタル料(キャンピングステーションを利用)


土曜日の朝10:00レンタル開始 ~ 日曜日の夕方17:00に返却 → 31時間利用


会員登録料金(カード発行)・・・1,500円


新規会員登録無料・・・-1,500円


車両レンタル料金(土日祝祭日:31時間)・・・34,100円


長期割引(25〜48時間まで:5%OFF )・・・-385円


小計(税込):¥37,086


 


 


■オートキャンプ場利用料(鬼怒川オートキャンプ場)


施設利用料・・・4,000円


AC電源・・・1,000円


管理費・・・500円×4名


小計(税込):7,700円


 


 


■食事


・土曜日


昼:高速のサービスエリア・・・1,000円×4人


夜:オートキャンプ場でバーベキュー


バーベキューセット・・・1,950円×4名


バーベキューコンロ・・・4,000円


※テーブル・椅子・タープなどは弊社キャンピングカーに標準装備


・日曜日


朝:前日にコンビニなどで用意・・・500円×4人


昼:道の駅など・・・1,000円×4人


小計(税込):23,980円


 


 


■その他


高速代:3,590円(片道、ETC割) 川口中央 → 大沢・・・往復7,180円


ガソリン代:走行距離300キロ、燃費5㎞/L、ガソリン120円/L・・・7,200円


雑費:備品購入、飲料水、お酒、軽食など・・・10,000円


小計:24,380円


 


合計:93,146円


 


【キャンピングカーで旅に行く際に必要な必需品】

 


■寝具


タオルケットや毛布、枕


 


■着替え


動きやすい服装がベスト。季節や場所によっては夜寒くなるので長袖をお忘れなく


 


■お風呂セット&歯磨き


バスタオル、ハンドタオルなど。温泉施設レンタル有


 


■電気ケトル


キャンピングカーにAC電源を接続すれば車内で利用可能


 


■スマホ充電器


キャンピングカー走行時に充電が可能


 


■ランタン


弊社のレンタルキャンピングカーには標準装備


 


■ゴミ袋、軍手、テープ等


アウトドアでは必需品


 


■紙コップ、紙皿、割りばし


キャンプ場にもあるが、車内で食事する際に必要


 


■虫よけ


季節にもよるが虫が苦手な人は忘れず


 


■箱ティッシュ、ウェットティッシュ


何かと必ず必要。気持ち多めに準備を


 


■常備薬


絆創膏、消毒液、かゆみ止め、頭痛薬、胃薬など


 


■折りたたみ傘


天気予報によってはご準備を


 


キャンピングカーでのキャンプは、とにかく楽だ。

テントやキャンプ用品の購入がほとんどなく必需品も普段、家で使っているアイテムをそのまま利用する事が出来る。

また家と同様にプライベートな空間を維持でき、車内での宿泊は子供たちとのコミュニケーションも増え、家族団欒な時間を過ごせるのが魅力だ。


実際に弊社を利用されたお客様からも「子供がすごく喜ぶ」という声を多く頂いており、家族で利用される方も多い。


またオートキャンプ場だけではなく温泉施設や道の駅、高速道路のSAなどで宿泊されるお客様もいるので使い方は人それぞれだ。


「with コロナ」時代に外出をするのにも家族の健康や衛生管理など何かと気にしなければいけない今、レンタルキャンピングカーでの旅を家族の「定番」にするのはどうだろうか?


 


 


最後にキャンピングカーを利用して旅をするメリットとは

子供との思い出作り


子供にとって「キャンピングカーで旅行する」ことは非日常な体験。


家族全員で「一生記憶に残る、忘れられない思い出作り」をしてみませんか。


 


ペットと一緒にお出かけ


ペットも大切な家族!できれば旅行も一緒に連れて行きたいとう方にもキャンピングカーがオススメ。


弊社ではペット専用車両をご用意しておりますので大自然の中、ペットと旅行を楽しめます。


 


時間に縛られない


ホテルや旅館などではチェックインチェックアウト、食事、お風呂など色々と時間を気にしなければなりませんが、キャンピングカーにはそんな縛りがありません。出発時間から到着時間まで全てお客様次第。食事もお風呂も就寝も、自分で時間を自由に決めることができます。


 


荷物がたくさんでも大丈夫!


キャンピングカーの特徴は、収納の多さです。かさばる荷物もどんどん載せる事が出来る!

持ち運びを気にせず好きなアイテムを積んで旅にでよう!


 


使い方は自由


キャンピングカーは「動く家」です。キャンプ以外にも道の駅、観光地、地元への帰省、釣り、スキー、スノーボード、サーフィンまで使い方は様々。あたなだけのプライベート空間で、あなたが好きな事を自由に楽しむことが出来ます。


 


雨の日でも安心


前々から計画していた家族でのキャンプが悪天候で当日キャンセルって事もあり得ますよね。


でもキャンピングカーなら大丈夫!


計画を変更して雨の降っていないところに行く!ことも出来ますし、雨が降っても車内で快適に過ごすことが出来ます。