2020.05.18ハウツー

初めてのキャンピングカーはレンタカーがおすすめ!!

レンタカー1

キャンピングカーのレンタル需要は年々高まってきています。以前よりは目にする事が多くなったのも事実です。しかし、キャンピングカーはまだまだ一般的ではありません。ですから、誰でも簡単に意外とリーズナブルにレンタルできるキャンピングカーの存在を知らない人も多いはずです。


キャンピングカーを実際に借りてみると、大半の人が「自由な旅」に大満足との意見を多く聞かれます。


今回はキャンピングカーの購入を検討している方や1回ぐらいキャンピングカーに泊まってみたいと思っている方に”レンキャン”ならではの良い点や注意点をご紹介致します。


 

キャンピングカーには色々な種類がある!

レンタカー2

利用目的や遊び方、乗車人数などで、借りるキャンピングカーのタイプも変わってきます。例えば、一人旅なら軽自動車をベースにした「軽キャン」で十分ですし、大人数の旅ならマイクロバスをベースにした「バスコン」という選択肢があります。買えないけど乗ってみたいキャンピングカーを奮発して借りたり、試乗じゃ分からないので、お目当てのキャンピングカーをレンタルして車中泊なんていう借り方も可能。


時期によっては寒さ対策で”FFヒーター”なども必須となるので、事前にキャンピングカーの設備チェックは必要です。


 


レンキャン時に持参した方がいいアイテム

レンタカー3

用意したいものとしては、用途にもよりますが通常のキャンプとほぼ同じ内容です。違うのは、テントやタープなど、設営・撤収しなければならない大型の装備が不要ということ。パッと来て楽しんで、パット帰る事ができるのもキャンピングカーならではの魅力です。普段はキャンプしないという方でも気軽にクルマ旅やアウトドアが簡単にできるというメリットがあります。


寝袋や毛布があれば就寝時も安心。ホテルや旅館とは違うので、歯磨きセットやお風呂セットなどのアメニティグッズも用意しておきましょう。


 


キャンピングカーの運転には要注意!

レンタカー4

キャンピングカーでなくても、レンタルして初めて乗る車は慣れるまでは心配なもの。操作スイッチや給油口の位置なども、はじめは使い勝手が分からず不安になることもあるでしょう。また、キャンピングカーにでは普通車との違いを十分に意識することが重要です。車両にもよりますが高さや横幅には十分気を付けなければなりません。キャンピングカーは走る家、荷物満載のトラックみたいなものです。急ブレーキも普通車の様にすぐには止まることはできません。挙動が乱れやすいだけでなく、荷物の散乱も起きるため非常に危険です。無茶な運転は控えゆっくりな走行を心がけましょう。


 


返却時に注意すること!

レンタカー5

返却後はスタッフが都度清掃に入っているので安心ではありますが、なるべく借りたときと同じ位に綺麗にして返すのがエチケットです。一般的なマナーとしてゴミなどは持ち帰り、汚してしまったところは正直に申告。簡単な清掃をして返却するよう心がけましょう。クルマ旅の思い出も汚してしまわないよう、楽しいレンキャンでの旅を満喫してください。