2020.05.12ハウツー

日本でキャンピングカーは人気の車種

キャブコンタイプAMITY1号車両の外装









以前に比べ、キャンピングカーを見かけるシーンって多くありませんか?

道路を走っていたり駐車場に止まっていたりと、ここ数年でキャンピングカーが増えてきた、という印象があります。







日本におけるキャンピングカーの保有台数

国内でのキャンピングカー保有台数は約12万台と言われており、業界全体の売上は約460億円に達したそうです。


日本で自動車の販売台数が10万台を超えると「よく目にする車種」と言われるそうなので、そう考えるとキャンピングカーの人気が分かりますよね!


またキャンピングカーの車種も増えておりキャブコン、バンコン、軽キャンパーなどの主流な車種から日本最高級クラスのキャンピングカーといわれるバスコンまで様々な車種が登場しています。


 


今後さらにキャンピングカーを愛用される方が増えるかもしれませんね。


まだキャンピングカーを利用した事のない方は一度、キャンピングカーを借りてキャンピングカーの良さを体験してみて下さい。