2018.08.15エリア

キャンピングカーの走行性能アップの秘訣を教えます!

旅行だけでなく、日常の生活でも従来のかたちにこだわらず、多種多様な生き方を選ぶことができるようになっている近年。

キャンピングカーで生活をする「キャンピングカーライフ」に憧れを持つ人も増えてきています。

そんな中でキャンピングカーも簡単にレンタルやカーシャアリングができる時代になり、憧れの生活を実現することができるようになっているいま。

実際にキャンピングカーライフをするとなると、常に停泊しているだけではなく、走行もたいへん重要になってきます。

もちろん、色々な場所に車ひとつで気軽に移動できるのがキャンピングカーの醍醐味。

ですが、普段運転し慣れた乗用車との走行性能の違いに戸惑う人も多いのではないでしょうか。

サイズも乗用車より大きなキャンピングカーですので、走行するにはコツが必要です。

実はいくつかポイントをおさえておくだけで、格段にキャンピングカーの走行性能もアップし、より快適なキャンピングカーライフが送れるようになります。

これからキャンピングカーを利用しようと考えている人も、現在キャンピングカーの走行性能に悩んでいる人も、ぜひこれからご紹介するポイントを意識しながら素敵なキャンピングカーライフを過ごしてくださいね。

余計な荷物をこまめに下ろすこと

キャンピングカー、特にバンクベッドが備え付けられているキャブコンの場合には、車両自体の重さも乗用車を大きく上回ります。


軽トラックなどを改装して荷台部分に乗車スペースを設けているタイプが多いので、軽トラックに小さな部屋1つぶんの荷物を積み込んでいることを想像してみてください。


それだけでかなりの重量だということを感じていただけるかと思います。


そこに人や荷物などを加算すると想像以上の重さに。


キャンピングカーを利用したいと考えるときには、アウトドアや長期の旅行など荷物が多くなるシチュエーションの場合が大半です。


そのとき、ついつい荷物を入れっぱなしにしていませんか?


長期間利用する場合などは特に、増えてきた荷物を整理せずにどんどん積み重ねてしまうこともあるはず。


キャンピングカーは乗用車に比べてサイズが大きいぶん、車内の空間も広いので荷物を詰め込んでしまいがちですが、余計な荷物を積みっぱなしにせず、こまめに整理することを意識しましょう。


できれば必要最低限の荷物がベストです。


よくキャンピングカーはパワーが走行性能としてパワーが弱い、スピードが出ないと感じることもありますが、荷物の積みすぎはさらにそのような結果を引き起こします。


積み荷が少なくなることで、よりスムーズな運転にも繋がりますよ!


アクセル、ブレーキはゆっくりと

キャンピングカーは乗り心地が悪いと感じている方。


乗用車と同じようにアクセルやブレーキを踏んでいませんか?


乗用車は車体の長さも短いため、多少の急発進・急ブレーキでは同乗者の方もそこまで乗り心地が悪いとは感じません。


ですが、それよりも車体が長いキャンピングカーで急発進・急ブレーキをすると、乗用車以上にGがかかるため運転席・助手席の人は感じていなくても後部座席の同乗者にとっては乗り心地が良いとはいえないでしょう。


できるだけアクセル・ブレーキはいつも以上にゆっくりと踏むことを心がけて運転することで、走行中のキャンピングカーでも快適な時間を過ごすことができます。


車体のサイズや、高さに注意!

車体のサイズが大きいことは、キャンピングカーの特徴のひとつ。


特に車幅と車高に注意しましょう。


キャンピングカーでの移動は、通ったことのない道を走行することも多々。


急カーブの多い道や、細い山道、小さなトンネルなど、先が予測できないような道を進んでいくこともあるでしょう。


キャンピングカーが活躍する、繁忙期のアウトドアなどで通ることが多い、車同士のすれ違いがギリギリできるような狭い道では、乗用車と同じ感覚ですれ違いをしようと思うと車体をぶつけてしまう可能性もあります。


また、車高が高いためトンネルでも注意が必要です。


田舎の山道などは特に、古くからある小さなトンネルとも遭遇します。


古くにできたトンネルは丸い形をしている場合が多く、キャンピングカーで走行しようとするとバンクベッドの角部分を傷つけてしまうことも!


車高的には通ることができそうでもキャンピングカーの形を考えて、本当に通ることができるのかきちんと判断しましょう。


キャンピングカーで行く場所にもよりますが、立体駐車場やコインパーキングなどは車高に制限を設けている場所が多いため、できるだけ道の駅など駐車スペースが広く確保されている場所に駐車をすることをオススメします。